BIWAKO-GAKUIN UNIVERSITY
小さな大学で 大きく学ぶ|びわこ学院大学・びわこ学院大学短期大学部



― 子ども学科 ―特色ある取組み

Menu

教育ボランティア

1年次から参加でき、より多くの現場経験を積む

1年次から参加できる教育ボランティアは、小学校および中学・高等学校(保健体育)の授業サポートや課外活動補助、幼稚園・保育所での行事補助など、現場経験を積む絶好の機会です。学校や地域の教育・福祉現場での体験を重ねることで、先生としての課題を見つけたり、実践力を高めることができます。また、教育ボランティアとして決められた時間を活動すると、大学の単位として認められます。

  • 授業サポート
  • 理科実験や情報機器操作などの実技指導のサポート
  • 学校行事に関する指導のサポート
  • 部活動に関する指導の補助
  • 放課後における児童生徒の学習相談・話し・遊びの相手

  • 実習+教育ボランティアで実践力を高め即戦力になれる

  • 教育ボランティアの参加で単位が取得できる

  • 省察会により自分の行動を客観的な視点で振り返ることができる

  • 先輩の体験談が聞けて、その場で相談もできる

ボランティア省察会

教育ボランティアや地域のボランティアへ参加する機会が多い本学では、ただ参加するだけでなく、省察会としてレポートを作成し、発表する機会を設けています。
省察会には、現場で活躍する先輩も集まり、学生が司会進行をしてボランティア活動の中で直面した体験談をテーマにグループディスカッションをします。質問や意見を交換しながら、自分と子どもたちの行動を振り返ります。
また、先輩の体験談を聞いたり、その場で相談もできるため、ボランティア活動における気づきや反省に対する理解も深められます。

ボランティア省察会
1アドバイザーとして卒業生が参加

アドバイザーとして卒業生が参加
学生の体験談をテーマにグループディスカッションをした上で、先輩がアドバイス。子どもに対する指導や保護者との関わりなど具体的な事例に対する理解を深めます。

2自分の行動を客観的な視点で考察

自分の行動を客観的な視点で考察
自分の行動に対して仲間から意見を聞くことで客観的・多角的に振り返ることができます。
また、仲間の体験に対する考察を通して課題を共有します。

体験VOICE!

01

子ども学科山中 克基 さん

今後ボランティア活動を行うにあたっての疑問、ボランティアを行っていた時に困ったことなどを現場の先生にストレートに聞くことができたので有意義な時間になりました。今年は教育実習もあるので今後の活動に活かしていきたいと思います。

02

子ども学科渡邉 真郎 さん

教師になって初めて考える学級経営について話をしてもらい参考になりました。担任側から見るボランティアの話はとても役に立ちました。
授業構成を考える上で、指導要領をたくさん参考にしていることも知ることができました。

03

子ども学科親﨑 美友 さん

ボランティアで感じた不安が解消されました。ボランティアに対しての考え方が変わり、もっと自主的に取り組もうと思いました。また、採用試験、教育現場の現状など、これまで知らなかったことを聞くことができ今後の参考になる良い機会になりました。



附属こども園「あっぷる」

キャンパス内にある大学附属こども園との交流が盛ん!
実際の行事や企画に参加できる!

2013年4月に開園した附属こども園「あっぷる」は幼保連携型を取り入れた、東近江市で初となる私立認定こども園です。
キャンパス内に附属こども園があるのは全国的にも珍しく、授業やボランティアを通して、子どもとふれあう機会が多く、実践力を身につける場でもあります。

実習・体験型授業

認定こども園と保育教諭

認定こども園とは、保護者の就労の有無にかかわらず、就学前の子どもに幼児教育と保育を一体的に行い、地域の子育て支援を担う施設です。幼保連携型認定こども園で働くためには、幼稚園教諭免許状と保育士資格の両方の免許・資格を取得している必要があり、「保育教諭」という職種として活躍することとなります。

びわ学ならではの学び

こども園「あっぷる」で
アルバイト。
仕事として子どもと接する経験。
子ども学科4年生 田中 あかり さん


仕事内容は、早朝やお迎えを待つ子どもの見守りや絵本の読み聞かせなどです。
絵本の読み方を工夫したり、遊びのレパートリーを増やしたり、子どもの体調を朝の様子から見極めたり、今後の目標も見えました。


ピアノ講座

初心者でも安心して学べる
「ピアノ講座」

幼稚園や保育所の先生、そして小学校低学年の先生と言えば、オルガンやピアノを弾いていた覚えはありませんか?「保育士になりたいけどピアノが弾けない…」という方も大丈夫。教員採用試験でも用いられるバイエルをマスターするための、ピアノ講座があります。初心者も基礎からレッスン。楽しく演奏し歌えるようになるまでサポートします。学内で実技の模擬試験を行い、結果をもとに一人ひとりのレベルに合わせた指導をします。また、音楽に合わせて体を動かす基本動作や集団行動などについて学ぶ「音楽表現」の授業も行っています。



わくわくフェスタ

学んだ“チカラ”を発揮!
「わくわくフェスタ」で実践力を磨く

「わくわくフェスタ」は、子ども学科の学生が企画・運営し、大学祭で実施する子ども向けの一大イベントです。多くの親子や地域の子どもたちが参加し、日々の学習成果を発揮する“学びの場”となっており、毎年好評を得ています。また、縦割りのイベントなので、学年を超えた人間関係ができ、先輩からいろいろとアドバイスをもらえ、大きく成長できる機会となっています。



互いに刺激しあい成長できる環境

「子ども教育コース」と「子ども福祉コース」のコース選択は、1年生の秋学期に行います。取得をめざす免許・資格によりコース・クラスを分けますので、同じ夢を持った学生同士が協力し、刺激しあえる環境で学べます。
モチベーションが落ちそうになった時や、採用試験の受験勉強で行き詰った時、仲間の頑張る姿に背中を押され、最後までやり抜けたという卒業生もたくさんいます。

ホーム > 教育福祉学部 > 子ども学科 > 特色ある取組み
ページトップへ