BIWAKO-GAKUIN UNIVERSITY
小さな大学で 大きく学ぶ|びわこ学院大学・びわこ学院大学短期大学部



子ども学科

Menu

学科
紹介

教育と福祉の両面から子どもにアプローチ

子ども学科では、乳幼児から児童期の子どもの心身の成長・発達を連続したプロセスとして捉え、教育・保育・福祉の視点から「子ども学」について学びます。1年次から参加できる教育ボランティアや、実習などで数々の現場を経験し、現場で起こるさまざまな問題に的確に対応できる人材を育てます。また、子どもを取り巻く複雑な環境や、障がいに対する理解と対応も学習し、高い問題意識と自ら考え行動する力を養うことで、子どもに寄り添える教育者・保育者・支援者をめざします。

学べる専門分野

学べる専門分野

小学校教諭
1種免許状

養護教諭
1種免許状

幼稚園教諭
1種免許状

保育士

社会福祉士
(受験資格)

スクール
ソーシャル
ワーカー

1年次秋学期からは、主に取得をめざす免許・資格によりコースを選択します。

1年生の秋学期にコースを選択

動画で見る学科紹介




「教育」と「福祉」を融合させた
本学独自の「教育福祉学」をベースに、
現代の子どもを取り巻く環境への
アプローチをめざします

教育福祉学部 学部長 ・ 子ども学科 学科長
平松 恵子 教授

「子ども学科」はその名の通り「教育福祉学部」の中でも、特に子ども(乳児~)の育成に関わることを学ぶ学科です。
2つのコースの違いは、主に小学校教諭・養護教諭をめざすのが「子ども教育コース」、保育士・幼稚園教諭、そしてスクールソーシャルワーカーや社会福祉士といった、より心を汲み取る力が必要な仕事をめざすのが「子ども福祉コース」です。
キャンパス内に認定こども園があるのも大きな特長で、日常的に子どもとふれあい、行事に参加したり、経験を積むチャンスに溢れています。少人数制の教育で、4年後にどうありたいかを入学時から指導していきます。


平松 恵子 教授

子ども教育
コース

子どもの心に寄り添い、子どもたちに慕われ保護者に信頼される先生へ

子どもの教育に福祉の視点を取り入れた学びを実践し、福祉の心を持つ教育者として小学校教諭や養護教諭に必要な知識を習得します。また、教育ボランティアや実習など数々の現場を経験し、現場で起こるさまざまな問題に的確に対応でき、子ども一人ひとりを支えていける人材を育てます。

小学校教諭
1種免許状

養護教諭
1種免許状


今、求められる人材になるために

  • 家庭や地域社会との連携

    家庭や地域社会との連携

    家庭や地域社会など、子どもを取り巻く環境の中で、良い人間関係を築くためのコミュニケーション力、指導力、実践力を養います。

  • 障がい児教育

    障がい児教育

    障がいは個性のひとつです。障がい児一人ひとりの「個に応じた指導」を行うために、その意義や教育課程を様々な角度から学びます。

  • 福祉の心を持つ教育者

    福祉の心を持つ教育者

    福祉の心を持った「子ども教育のプロ」をめざすために「子ども学」の基本である教育と福祉を両面から学び、福祉の視点を子どもの教育に取り入れます。

びわ学ならではの学び

特別支援が必要な子どもに
教育者の立場でのアプローチ

「インクルーシブ教育」への注目など、障がいの有無に関わらず、誰もが地域の学校で学べるようにするという動きに対応すべく、特別な支援を必要とする児童に対する理解や、専門的な指導方法に対する知識は、将来の活躍の場を広げます。

子ども福祉
コース

福祉の心で、子どもと保護者をサポートし、地域に貢献できる人材へ

幼稚園教諭
1種

保育士

社会福祉士
受験資格

スクール
ソーシャル
ワーカー

子どもを取り巻く複雑な環境に対応するため、子どもと家族、地域社会という切り口から教育と福祉を学びます。子どもの心身の発達、障がいに対する理解と対応、教育現場での支援のあり方などを学習。高い問題意識と自ら考え行動する力を養い、子どもに寄り添える保育者・支援者をめざします。

今、求められる人材になるために

  • 障がい児保育

    障がい児保育

    お母さんのお腹の中、出産時、生まれたての頃に生じる障がいを理解。その上で、緩和と支援の仕組みなど保育に必要な技術を習得します。

  • 社会的養護

    社会的養護

    子どもを一人の人間として認めた上で権利を守る社会養護の中で、児童福祉施設(養護系・障がい系)の役割と課題を理解し、適切な支援方法を学びます。

  • 教育の視点

    教育の視点

    子どもの健全な育成に携わるものとして必要な「子ども教育学」について学び、子どもを広い視野で支えることができる福祉のプロをめざします。

びわ学ならではの学び

子どもの健全な育成
携わる者としての教育学

幼児教育・保育への関心の高まりから、小学校就学前と後の接続部分が注目されています。
幼児期から児童期への移行における家庭での過ごし方や課題、子どものしつけや教育に関しても指導できる「子育てのプロ」へのニーズが高まっています。

ホーム > 教育福祉学部 > 子ども学科
ページトップへ