BIWAKO-GAKUIN UNIVERSITY
小さな大学で 大きく学ぶ|びわこ学院大学・びわこ学院大学短期大学部



― 大学案内 ―教育理念・方針

Menu

建学の精神

本学園の建学の精神は、
国際的視野に立ちながら、将来ますます複雑多様化する未来社会に対応していくことができるように、
広く一般教養を高め、各自の個性を尊重し、情緒豊かな人間性を育み、
人間愛に満ち、自立心に富んだ、有為の人間を育成するものであり、
未来の地域社会を切り拓く創意と意欲を持った人材の育成を目指すものである。

基本理念と教育目標

びわこ学院大学

本学の母体である学校法人滋賀学園の創始者森はなの80余年の長きにわたり提唱してきた「地域に貢献できる人材育成」を建学の精神として、広く知識を授けるとともに、深く専門の学術を教授研究し、国際的な視野及び幅広く高度な学識を身につけた有為な人材を育成し、もって地域社会の発展と学術・文化の向上に寄与することを教育目的とする。

びわこ学院大学短期大学部

本学の母体である学校法人滋賀学園の創始者森はなの80余年の長きにわたり提唱してきた「地域に貢献できる人材育成」の建学の精神を教育理念として、学芸を教授・研究するとともに、複雑かつ多様化する現代社会において、より豊かに生きるために必要とする広範な知識と思考方法を修得させ、日常に起こる諸問題を合理的かつ科学的に解決することのできる教養豊かで、円満な人格をもつ人物を育成することを教育目的とする。

アドミッションポリシー

(入学者受入方針)

教育福祉学部 子ども学科

  1. 現在の子どもについて、いろいろと専門的に研究したいと思う人
  2. 子どもへの深い愛情を持ち、幼児・児童教育及び保育への強い情熱を有するとともに、人間にかかわる幅広い分野に関心を持った人
  3. 保護者や地域コミュニティに積極的にかかわり、学校・家庭・行政・NPOなどの教育・福祉に係る連携・協働のもとに、次世代の子ども育成と支援活動に参画したい人
  4. 人格や発達の多様性を理解し、一人ひとりの固有の成長の可能性を信じることのできる人
  5. 子どもを取り巻く諸問題を真剣に受け止め、教育、保育、福祉の現場で自ら問題解決に取り組もうとする人

教育福祉学部 スポーツ教育学科

  1. スポーツについて、多角的・専門的に研究したいと思う人
  2. スポーツを通じて、人間教育や地域形成を行うことに強い情熱を有する人
  3. 地域コミュニティに積極的にかかわり、学校・家庭・行政・企業・NPOなどとの連携・協働に関わっていく意欲のある人
  4. 地域社会の多様性を理解し、地域の固有性に根ざした取り組みを世界にアピールしたい人
  5. スポーツを取り巻く諸問題を真剣に受け止め、教育や福祉の現場で自ら問題解決に取り組もうとする人

短期大学部 ライフデザイン学科 児童学コース

  1. 子どもへの深い愛情を持ち、幼児教育に情熱を有する人
  2. 保育士や幼稚園教諭等の幼児教育について、専門的に研究したいと思う人
  3. 子どもを取り巻く諸問題を真剣に受け止め、保育・教育現場で自ら問題解決に取り組もうとする人

短期大学部 ライフデザイン学科 介護福祉コース

  1. 高齢者・障がい者福祉学について興味があり、専門職としての学識と職能を得たい人
  2. 高齢者・障がい者福祉学について、専門的に研究したいと思う人
  3. 高齢者や障がい者を取り巻く諸問題を真剣に受け止め、福祉の現場で自ら問題解決に取り組もうとする人

短期大学部 ライフデザイン学科 キャリアデザインコース

  1. 家庭、職場、地域社会における人々のくらしについて興味があり、それぞれにおけるくらしをより豊かなものとするための学識と職能を得たい人
  2. 地域政策学、情報学、生活科学について、専門的に研究したいと思う人
  3. 家庭、職場、地域社会における人々のくらしを取り巻く諸問題を真剣に受け止め、それぞれの現場で自ら問題解決に取り組もうとする人

カリキュラムポリシー

(教育課程編成・実施の方針)

教育福祉学部 子ども学科

教育学、福祉学、保育学、心理学、社会学などの広範な分野の教育・研究を行い、教育と福祉の視点を持った子育てを探求するとともに、国際的な視野を育成し、教育、福祉の分野で地域社会に貢献できる人材を育成する。

教育福祉学部 スポーツ教育学科

教育学、福祉学、スポーツ科学分野の教育・研究を行い、教育と福祉の視点を持ったスポーツ教育のスペシャリストを養成するとともに、国際的な視野を育成し、教育、福祉、スポーツ分野で地域社会に貢献できる人材を育成する。

短期大学部 ライフデザイン学科 児童学コース

少子高齢化、核家族化が進行する社会において、子ども(修学前児童)の成長と教育を理解し、子どもの育ちと学びを支えることができるために、子どもの発達と保育・教育にかかわる分野の教育・研究を行う。

短期大学部 ライフデザイン学科 介護福祉コース

高齢化、長寿化が進行する社会において、介護の知識、技能を習得し、介護を必要とする人が、その人らしい生活を送れるよう支えることが出来るための教育・研究を行う。

短期大学部 ライフデザイン学科 キャリアデザインコース

自身や周囲の人々の家庭生活、職場や地域での活動をより豊かで健全なものとすることが出来るよう、居住環境、情報活用、企業活動、地域政策にかかわる分野の教育・研究を行う。

ディプロマポリシー

(学位授与方針)

教育福祉学部 子ども学科

  1. 子どもの心身の成長・発達に対し、一人ひとりの学習や生活を支援しうる教育、保育、福祉について専門的知識を修得している。
  2. 教育をめぐる様々な問題状況を積極的に予見・発見し、的確な処置のできる視座を有している。
  3. 教育者として教育への情熱と倫理観を持ち、高い技能と豊かな表現力を身につけている。
  4. 自己の学習課題を明確にし、課題解決のための継続的な研鑽ができる。
  5. 人間関係を豊かに育てることができる“人間味”を持ち、国際的な視野に立って、地域社会の一員として適切な行動ができる。

教育福祉学部 スポーツ教育学科

  1. 人間の発達や地域の発展に対し、スポーツが貢献しうるための専門的知識や技能を修得している。
  2. スポーツをめぐる様々な問題状況を積極的に発見し、国際的な視野を持ち的確な判断ができる。
  3. スポーツ教育への情熱と倫理観を持ち、高い技能と豊かな表現力を身につけている。
  4. 人間と地域に対し高い関心を持ち、課題解決のための継続的な研鑽ができる。
  5. 人間と地域に対し直接的な関わりを基本とし、現場での適切な行動ができる。

短期大学部 ライフデザイン学科

  1. 家庭、職場、地域社会など広範囲な生活領域で、創造的に対応しうる意志と素養を有している。
  2. 新しい生活スタイルの創造や優れた職業人になるための情熱と倫理観を持ち、高い決断力と深い探求心を備えている。
  3. 自己の学習課題を明確にし、課題解決のための継続的な研鑽ができる。
  4. 人間関係を豊かに育てることができる“人間味”を備え、社会の一員として適切な行動ができる。
  5. 日常生活における諸問題を解決するための能力、具体的方策や技能を修得し、地域活動や仕事を通して他人を支援することができる。
ホーム > 大学案内 > 教育理念・方針
ページトップへ