びわこ学院大学・びわこ学院大学短期大学部|BIWAKO-GAKUIN UNIVERSITY



不正行為及び不正使用への対応

研究活動の不正行為及び研究費の不正使用への対応

びわこ学院大学・びわこ学院大学短期大学部は「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」 (平成26年8月26日付け文部科学大臣決定)の指針を踏まえ本学が責任を持って不正行為の防止に適切に対応する ため、また「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日付け 文部科学大臣決定、平成26年2月18日 改正)の趣旨を踏まえ、公的研究費の適正な運営・管理を行うため、下記の とおり定め、公表します。

研究活動の不正行為

びわこ学院大学・びわこ学院大学短期大学部における研究者等の行動規範

本学の学術研究の信頼性及び公正性の確保を目的として、本学において研究活動に携わるすべての者が研究を 遂行する上で求められる行動規範を定めています。

びわこ学院大学・びわこ学院大学短期大学部研究活動の不正行為の防止に関する規程

研究活動を行っている者の研究活動の不正行為への対応、研究不正行為に対する告発及び調査等に関する必要 な手続き等および研究者倫理の向上、不正行為への対処に関し、必要な事項を定めています。

不正行為にかかる責任体系

本学における不正行為にかかる責任体系について、次のとおり定めています。

告発等の受付窓口

告発等の受付の方法、告発等を行う際の留意事項

どなたでも受付窓口に告発等を行うことができます。
告発等は、告発者等が、受付窓口に対して直接、書面電話、FAX、電子メール、面談により行います。 告発等は、原則として顕名により行い、不正行為を行ったとする研究者またはグループ、不正行為の 態様等、事案の内容を明示しなければなりません。告発等は、原則として当該告発等に係る事実の発 生日から起算して5年以内に行う必要があります。
原則として下記の様式を使用し、受付窓口にご提出ください。ただし、電話による告発等の場合は、 下記様式の同様の内容を、具体的に受付窓口に知らせることで、下記様式の提出に代えることができます。

告発等の様式

悪意に基づく告発の防止

何人も、悪意に基づく告発を行ってはならない。本規程において、悪意に基づく告発とは、 被告発者を陥れるためまたは被告発者の研究を妨害するため等、専ら被告発者に何らかの不利益を 与えることまたは被告発者が所属する組織等に不利益を与えることを目的とする告発をいいます。

業者の皆様へ

本学との取引にあたって、下記確認書をご提出いただきますようお願いいたします。

以下、その他関係規程等になりますので、ご参照いただきますようお願いいたします。

ホーム > 不正行為及び不正使用への対応

学校法人 滋賀学園 びわこ学院大学・びわこ学院大学短期大学部

〒527-8533 滋賀県東近江市布施町 29

0748-22-3388 (代表)


大学機関別認証評価および短期大学機関別認証評価

ページ先頭に戻る